【所信】組織進化の源

2010年12月30日 木曜日

【監事】 五十嵐 利也

 「明るい豊かなまちづくり」を目指す青年会議所の活動・運動の中に、メンバー全員に平等に与えられた権利であり、またチャンスであるものがあります。それは、一生懸命に頑張るメンバーに与えられる、無限の可能性と確かな成長です。本気で取り組む青年会議所活動・運動を通じて多くの経験を得て、メンバー一人ひとりが着実に成長を積み重ねること。これは、個々の成長と共に社団法人所沢青年会議所の組織の進化を推し進める大きな原動力となり、この源から湧き上がる力を結集するからこそ、青年会議所は「明るい豊かなまち」の実現にむけて確固たる歩を進めることが出来るのです。
 2011年度、平岩理事長の掲げる「ステータスがある光り輝く組織」という理想を実現するならば、組織進化の源である「メンバーの成長」を基軸に考え、メンバー全員がすべての事業に対して必ず何らかの関わりを持ち、まちの為、子どもたちの為、メンバーの為に実施する事業を通じて、個々の成長の為に何かを持って帰ろうという姿勢を常にもって参加する事が大切であると考えます。そして、その中で果たすべき役割を見出しながら、JAYCEEとして個々の能力を高めることが組織の進化に、ひいてはこのまちの発展に繋がっていくと私は確信しています。だからこそ限られた青年会議所活動・運動の時間を、少しでも自分の成長に繋げていきましょう。組織や世間を非難する前に己を律していきましょう。自分の姿勢そのものが、何よりの説得力であるのだから。
 本年度、私は監事としてお世話になります。組織の活動・運動を大局的な見地から監査し、時には自分をも客観的に見なければならぬことを肝に銘じながら、慎重に様々な物事を見据え、自身の卒業年度にあたり8年間で学んだことを一つでも継承できるように、精一杯の恩返しという想いを込めて、「ステータスがある光り輝く組織」このまちに必要とされる(社)所沢青年会議所の確立を目指しながら監事という大役を務めていく所存です。