【所信】「ところざわ」の魅力再発掘!

2010年12月30日 木曜日

                      【まちの未来創造室 室長】 井関 克行

 我々を取り巻く環境は急速に変化を遂げております。人々のライフスタイル、趣味趣向、ニーズも多様化し流行り廃りのスピードも非常に速い時代です。このような時代に生きる私たちにとってところざわというまちは、どのように映り、われわれはこのまちにどのようなことを求めているのでしょうか?ある人は、都内からの交通も比較的便利で、緑も豊富で、都内に比べ地価も安いから。また、ある人は、昔から住んでいて、生活するのに必要最低限のものがそこそこそろっていて不自由しないから等理由は様々です。そこには、ところざわというまちへの愛着、誇りがあまり感じられません。また、今までは、西武鉄道の拠点駅として、埼玉県有数の人口と規模を誇る中核都市として発展して参りました。しかし、その成長発展にも陰りがみえはじめ、近い将来日本でも有数の超高齢化都市へと変貌するというショッキングなデータもあります。そういった現状認識の下、問題点を明確化し、それに対しての対策を検討し、理想論だけにとどまらず、成果を残してゆくことが求められていると考えます。こんな時代だからこそ、確固たるまちのかお、ひいては平岩理事長が掲げられる「ところざわブランド」を創造することによって、このまちに住む人々に誇りと地域愛を持って頂き、市外の方々からも魅力的に映るまちを実現させたいと考えております。
 2011年は、所沢市民憲章にも謳われているように、「日本人が初めて大空にはばたいた記念すべきまち」として100周年を迎えます。この絶好のチャンスを逃すことなく、市内外の皆様にこの歴史的な事実、所沢が我が国の航空発祥の礎となった場所として認知をして頂き、先人達への想いを馳せ、敬意をはらうとともに、その開拓者精神を受け継ぎ、未来への新たな活力となるべく事業を展開し、情報を発信して参ります。また、併せまして、ところざわにはその他にも様々な魅力があります。今までも大小様々ですが、他市に目を向けるとまちの特色を活かしまちづくりにつなげている実例も沢山あります。私はところざわの可能性を信じ、このまちの歴史や自然、誇るべき財産を再確認し、私たちの住むまちに今何が必要なのかを見出し、探ることが必要だと考えます。日々何気なく生活して当たり前のように思ってしまっているこのまちならではの資源、また、まだ気づいていない数々のドラマや可能性が沢山存在すると思います。このまま埋もれさせるにはあまりにももったいなものばかりです。いつもと少し違う視点から物事を見ることによって、そこにところざわならではの未来につながるヒントが必ずあるはずです。私たちのまちを次世代の子ども達に繋げるためにも、自分たちでこのまちをつくるというモチベーションを高め、地域力を豊かにしてゆくことが、地域の活性化に繋がると思います。
 いまこそ、戦後の焼け野原に立ち、「新日本の再建は我々青年の仕事である」との気概を持った志高き先輩方の想いを引き継ぎ、田中克典副理事長の下、清水秀樹委員長、武藤純一委員長と共に、われわれ青年会議所の運動・活動の目的であります「明るい、豊かなまちづくり」を目指し邁進して参る所存でございます。