【所信】 磨かれる宝

2010年12月30日 木曜日

【まちの宝育成室 室長】 當摩 悟之

 日本の社会環境は、少子化・高齢化、高度情報化などに伴い、子ども達を取り巻く環境が著しく変化しております。その環境の中で、様々な問題が起こり、深刻さを増しております。その背景には、人間関係の希薄化があると思います。人間関係の希薄化から、道徳心といった社会規範への認識が薄れ、地域の方々とのふれあいの減少が、郷土愛の意識の低下を招いているのではないでしょうか。
 人間関係は、成長するに連れて徐々に広がっていくべきものです。親子関係に始まり、家族、学校や地域、そして義務教育期間を終えますと、より広がりを持った学校や、社会へと徐々に広がってまいります。子ども達は、より多くの人々と触れ合うことで、コミュニケーションを学び、その後の社会生活について学ぶものだと思っております。昨今、地域の大人の皆様の自治会や育成会など、地域活動を行う団体に対する関心が薄れてきているように思います。子ども達は、私達が思っている以上に大人の行動を見ています。私達を含めた大人達が、地域に目を向け、関心を持ち、態度で示すことが、子ども達の成長に対して大きく影響を与えることができるのではないでしょうか。
 その為には、子育て世代の親達が我が子と向き合い、人間関係の基本である親子の絆を再確認するきっかけを作ると共に、子ども達が様々な方々とふれあう機会や、ところざわの良さに触れる機会を作る事で、子ども達の成長に良い影響を与えるだけでなく、子ども達の地域への関心が深まり、ところざわの誇れるものを自覚し、地域に対する愛着が湧き、郷土愛が芽生えると思います。
 私自身、2010年度 青少年育成委員会の委員長として学んだことを生かし、2011年度(社)所沢青年会議所のメンバーとして、まちの宝育成室 室長として、そして地域の大人の一人として責任を自覚し、自らが率先して行動し、三浦副理事長の下、小澤委員長、松澤委員長としっかりとした信頼関係を構築し、まちの宝である子ども達が、磨かれるきっかけを作り、より光り輝けるように、全力で運動・活動してまいります。