【所信】機会

2010年12月30日 木曜日

【会員力向上室 室長】 安久 鉃兵

 「人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、仇(あだ)は敵なり」武田信玄の『甲陽軍艦』に記された言葉です。私は、当時の武田軍の大きさ強さに思いを馳せ、社団法人所沢青年会議所が大きく強くなる可能性を感じています。組織は人がつくるもの。所沢というまちのまちづくりを担う団体として、大きく強い組織を作るにはそこに属するメンバー一人ひとりが少しでもこの(社)所沢青年会議所を意識することから始まります。そして、所沢をよくするためには、JCメンバーとして、経済人として、家庭人として、個々の人間の成長が、所沢に根を張る我々企業を大きく強くしていくことになり、我々企業が強くなることで所沢のまちが良くなり、逆に(社)所沢青年会議所を大きく強い組織にすることで我々企業が強くなれるのです。
 今、我々(社)所沢青年会議所メンバーはもしかしたらただ目の前の事業に対してのみ活動し、隣のメンバーのことを実はよく知らず、自分が磨かれることを特に意識することのない、そんな状態を当たり前という風に捉えているのかもしれません。(社)所沢青年会議所という環境は、メンバー一人ひとりが真摯に活動し、隣のメンバーを本当の仲間とし、自分自身が磨かれる機会であることを意識することで、もっと魅力的でもっと刺激的になるはずです。もう一歩(社)所沢青年会議所に踏み込むことで、JC活動をより深く自分に落とし込むことができ、知識、ノウハウを己のものとし、そこで初めてJC活動の魅力を発信することができ、JCの良さを伝播していくことで拡大へとつながり、当たり前のように隣にいるメンバーを、より深く理解できるはずです。
 私たち会員力向上室は、メンバー個々人が自社に持って帰って大いに役立つ「研修」の機会と、結束することでさらに強くなれる「交流」の機会、そして、まだ見ぬ新たな仲間を受け入れ、より深い仲間になることで、メンバーの心と人脈の「拡大」の機会を提供するために組織された「室」です。JC活動を負担と捉えず、「機会」英語で言う「チャンス」と捉えるだけで、自分を磨き、会社を強くし、延いては所沢のまちをよくする「機会」「チャンス」となるのです。肥沼副理事長の下、新藤委員長、阿部委員長、篠塚担当理事と共に、この会員力向上室を通じてメンバーが成長し、磨き合い、強くなれる環境を提供していくことをここに誓い、全力で努力致します。