【所信】自分自身の為にも

2010年12月30日 木曜日

                     【出向者支援委員会 委員長】 山畑 雅也

 社団法人所沢青年会議所が創立して48年目を迎え、今日まで様々な歴史やドラマがあったと思います。48年という歳月に亘り、伝統や諸先輩方の思いを引き継ぎ「ところざわのまちの為に」を念頭に置き歩んできたことと存じます。(社)所沢青年会議所の活動の中で数々の例会事業が行われ、一つひとつの事業に思いがあり、意味があり、学ぶ事があります。そのすべての事業が思いと言うことに繋がっていると私は考えております。ところざわのまちを豊かにしたいという想い、メンバー全員に気づきや学び、成長へと繋げて欲しいという想い、本当の意味での仲間を創り、拡大していきたいという想い、子ども達の未来を担い、親であり先達である方への敬意の想い、そして所沢を支えてきてくれたすべての方々への感謝の想いなど、他にも沢山の想いが青年会議所には詰まっていると感じています。
 青年会議所に入会する理由は人それぞれあると思います。しかしどんな理由にせよ入会を決めたのは自分自身であります。また認承して頂けたということは、(社)所沢青年会議所は自分を必要としてくれたという事です。その自分を必要としてくれた組織が更なる飛躍をする為に公益社団法人日本青年会議所、関東地区協議会、埼玉ブロック協議会にて行われているセミナーなどに積極的に参加し、また公益社団法人武生青年会議所との交流を深め情報交換を行いLOMに持ち帰る必要があると考えます。
 出向者支援委員会では、出向された方の担当される事業に多くのLOMメンバーを動員して(社)所沢青年会議所の結束を対外的に示し、出向者を全力でバックアップしてまいります。出向者を支援することが出向者の励みにもなりますし、その事業に参加したメンバーにはより大きなものを得て、出向者と共に成長できるはずです。そして(社)所沢青年会議所をより大きく発展させると考えます。
 メンバーが自分自身を磨き成長させることで、(社)所沢青年会議所の活動をより活性化させ、更には所沢のまちをもっと豊かにすることができるのではないかと考えます。私は、加藤専務理事、二上常務理事の下、石井室長にご指導いただき、荒幡委員長、そして委員会メンバーと共に委員長という役職を責任と自覚を持って精一杯努めて参ります。