国際友好委員会

2011年4月14日 木曜日

昨日は、私が公職出向させていただいている所沢市の国際友好委員会の役員会に出席させていただきました。

所沢市は、アメリカのディケーター市、中国の常州市、韓国の安養市と姉妹都市であり、毎年様々な交流事業を行っております。平成23年度も、国際友好委員会では各都市との交流事業を計画していく予定です。

しかし、福島の原子力発電所の事故の影響で、日本に住んでいる外国人が一斉に帰国してしまったり、また、日本を訪れる外国人も極端に減っていると聞きます。

そのため、所沢市にお招きする交流事業については、計画したとしても、実施できるかどうかは現時点では全く不透明です。

このままの状況が長引けば、国際友好のみならず、日本国全体が、風評被害的なダメージを大きく受けてしまいます。

一刻も早い原子力発電所の事態の収束を願うところです。