【まちの誇り創造室 室長】 武藤 純一

2011年12月27日 火曜日

【所信】一体感あるまちづくりを目指して 

私たちの住む所沢は、都心へのアクセスが良いという交通利便性や武蔵野台地の豊かな自然に恵まれた住環境を兼ね備えただけでなく、日本の航空発祥の地としての歴史と、全国でも珍しい埼玉西武ライオンズ、埼玉ブロンコスといった2つのプロスポーツチームの本拠地があるスポーツ都市としての顔も持つ、全国に誇れる都市であります。

高い交通利便性と自然に恵まれた住環境により昔からベッドタウンとして多くの人々が移り住み、所沢は埼玉県内でも有数の規模を誇るまちとなりました。しかし一方で、昼間に都心へ通勤・通学する人の割合も多く、ただ単に所沢に寝に帰るだけで地元にあまり愛着や関心を持たない市民や、最近になって移り住んできてまだ所沢の素晴らしさを知らない市民がいらっしゃることも確かで、残念ながらこのまち全体に「一体感」を感じることができません。そんな私も所沢に生まれながら地元の学校に通ったこともなく、就職してからも勤務先は都内でした。約2年半前に所沢に戻って地元で働き、社団法人所沢青年会議所に入会して運動・活動を続けたことで所沢の様々な魅力や良き文化、今抱える課題点などを再認識しましたが、それまでは私にとっての所沢とはまさに寝に帰るだけの場所だったのです。

数年前までの私と同じような境遇の市民を含め、まち全体が「一体感」のある活気溢れるまちづくりを目指すには、市民の皆様にこのまちの魅力を認識していただき、所沢の一市民であることに誇りを持ってもらうことが重要となります。その担い手は地元のまちづくり団体である私たち(社)所沢青年会議所であり、私たちが先頭となって所沢の素晴らしさを伝え、所沢に誇りを持っていただかなければなりません。しかしただ単に私たちが所沢の素晴らしさを発信し続ければそれで魅力が伝わるというわけでもなく、素晴らしい魅力を発信しつつ市民の皆様とともに共有し、それを認識してもらう機会を持つことが必要です。まちの素晴らしさを認識してもらうことで、まちへの愛着や、まちへの誇りに繋がり、まちに住む人々のアイデンティティーを育むきっかけとなっていきます。

本年度は、まちの誇り創造室担当室長として、安久副理事長、丸山委員長、渡辺委員長と共に、市民の皆さんがアイデンティティーを育み、まち全体に「一体感」を感じられるような運動・活動を目指し邁進して参ります。