【青少年育成室 室長】 小澤 正昇

2011年12月27日 火曜日

【所信】自分の故郷「ところざわ」

現在のところざわで生活している人々は、このまちを単に都心までアクセスしやすく、適度に便利なまちとしか位置付けしていない人々が多く、地元への愛着心というものは希薄であり、ところざわへのアイデンティティーというものは皆無であるような傾向にあると考えられます。特に子どもたちにとっては、自分の生活する場所を「ところざわ」と意識することはなく、ただ自分が住んでいる「地域」とでしか認識していないように思われます。

私も正にそのような認識の下で育ち、生活をしておりましたが、もし仮に、子どもの頃からところざわには、トトロの森として有名な狭山丘陵があったり、柳瀬川には天然の鮎が泳いでいたりと多くの自然を残しつつも、県内有数の特例市であり、また航空発祥の地であり、食文化も発達し、美味しいうどんや団子、お茶が有名といった他に誇ることのできる多くのものがあるまちであるということを知っていたなら、私の世界観というものは大きく変わっていたに違いありません。おそらく子どもの頃より自分の生活するまちに愛着心を持ち、いつかこのまちで働き、もっと素晴らしいまちにするためにこういうことをしたいなどと考え行動し、私の人生すら変わっていたかもしれません。

現在このところざわに生活する子どもたちが、今から自分のまちに対し愛着心を持つことができたなら、もっと自分の生活するまちに対して将来こんなまちにしたいという想いを持つことができたなら、10年後、20年後のところざわというまちは大きく変わることができるでしょう。

私は、是非そのような可能性あふれるまちにするべく、まちの宝である子どもたちに対して、私たち地域の大人が先頭に立ち、自分の知らない新たな発見、多くの魅力に気付いてもらえるよう務めて参りたいと思っております。そして、自分の生活するところざわに対して愛着心を育んでもらう貴重な機会とし、未来のところざわのためにアイデンティティーの創造へと繋げていきたく思っております。また、沢山の魅力を持つところざわを、一人でも多くの市民の方々に知って頂き、そして、胸を張ってところざわが自分の故郷であると言ってもらえるよう様々な活動を行ない、市民一人ひとりへのアイデンティティーの形成も行なっていきたく思います。

 2012年度、私は社団法人所沢青年会議所、青少年育成室室長として石井副理事長の下、大庭委員長、佐藤委員長と共に協力しこれら運動・活動のため全力で邁進して行きたく思います。