【情報発信循環委員会 委員長】 渡辺 明仁

2011年12月27日 火曜日

【所信】はっしん「所沢」

 私たちのまち所沢は都心に程近いという交通利便性を持ち、周囲には「となりのトトロ」の舞台となった武蔵野台地の豊かな自然を擁し、埼玉西武ライオンズと埼玉ブロンコスという2つプロスポーツチームの本拠地があるスポーツ都市としての顔も持っています。そして日本の「航空発祥の地」としての輝かしい歴史も有しています。

その一方で、このまちの誇れる歴史・立地・自然・スポーツ文化について、その魅力をしっかりと語れる人がどれ程いるでしょうか。

 私は所沢のまちに生まれ育ちました。しかし、今までそのようなまちの魅力に気が付かずに過ごしてきました。それに気が付いたのは大学を卒業してからの数年間、海外を旅している時です。そこで知り合う若者たちは皆、自分の国の事や住んでいるまちの歴史などについて誇らしげに話します。それはそれを伝える大人たちが、自分の国やまちに誇りを持ち歴史や文化を子供たちにしっかりと伝えてきたからです。

私たち社団法人所沢青年会議所は、この誇れるまちの魅力を再認識し、そして共有し、その上で市民の方々に所沢というまちの素晴らしい「ところ」を発信していく必要があるのではないでしょうか。そして多くの方々が所沢の魅力に気が付くことで「このまちに住むことを誇りに思える」という郷土へのアイデンティティー(帰属意識)が生まれ、そしてそれがまち全体へ広がり、まちの「一体感」を生み出すことに繋がります。

自分の住むまちに誇りを持つためには、まずまちのことを知る必要があります。またそれを他人に伝えるためには知識と情報が不可欠です。多くの人の知識となるような情報を発信し、それを受け取った人にそれぞれのアイデンティティーが芽生えていくことを目指します。私は2012年度(社)所沢青年会議所 情報発信循環委員会委員長として、安久副理事長、武藤室長の下、LOMメンバーはもとより所沢に住む方々にまちの魅力を発信します。そして住むだけではなく「ふるさと ところざわ」に誇りを持って頂ける様、またアイデンティティーを育むきっかけとなれる様、活気溢れるまちをつくる活動の一端を担うべく邁進して参ります。