【青少年共育委員会 委員長】 佐藤 真

2011年12月27日 火曜日

【所信】「市の宝」とともに

私は、ところざわに生れ育ち、ところざわにある会社に勤め仕事をしておりますが、住んでいるところが所沢市であるという程度の認識しかありませんでした。このまちの魅力や素晴らしさというものに気付くことはなく、このまちで仕事をするようになるまで、まわりに住んでいる人の名前や顔もほとんど知らないという状態でした。このような状態では、このまちに対する愛着心やアイデンティティーといったものは、全くといっていいほど無かったと思います。

しかしながら、仕事や地域の活動に参加させて頂く中で、このまちの知らなかった魅力、素晴らしさというものに気付く事ができました。例えば、このまちが航空発祥の地であることや、柳瀬川に鮎が泳いでいる事などまったく知らなかった事です。これらの事に気付くことができたのも、今まで培ってきた、様々な人との出会いがあったからだと思います。

私は、「市の宝」である子どもたちに「ところざわ」に対する愛着心や、アイデンティティーを育んでもらうため、一人でも多くの人との出会いの中で人間関係を築き、コミュニケーションの楽しさを感じてもらい、このまちの魅力を発見、体験してもらい、「ところざわ」が故郷だと実感してもらえるよう、私たち地域の大人が先頭に立ち、共に運動、活動をしていきたく思っております。又、「人と人との出会いやつながりが自分たちの生活にどのようにかかわってきているのか」という部分を感じてもらい、「ひとつひとつの出会いの大切さや、人とのつながりの大切さ」というものも体験し学んでもらいたく思っております。そして、このまちに対する愛着心とアイデンティティーを育んでいくきっかけにすべく努めて参ります。

私は地域に住む大人として「ふるさとところざわ」に誇りを持ち、石井副理事長、小澤室長の下、大庭委員長と協力し合い、このまちに対するアイデンティティーを育む活動を行ってまいります。