【幹事】 肥沼 直明

2011年12月27日 火曜日

【所信】所沢らしさを 

2012年度、社団法人所沢青年会議所は公益社団法人格への移行するにあたり、組織として非常に大きく変化しなければなりません。 公益社団法人格への移行することにより、これまで当たり前に実施されてきた事業が内容・予算の両面から大きく変わっていくとこになります。これは時代に合わせてまちづくり運動を変化させてきた、これまでの変化とは違い法律による半ば強制的な変化となります。(社)所沢青年会議所は、半世紀近くにわたって所沢の発展の為に様々なまちづくり運動を行ってきました、そしてそれらと同様に青年会議所メンバーであることの意義や意味を大切に扱ってきたように思います。法人格の変更により、これまで培ってきた(社)所沢青年会議所らしさを失っては、何のために公益社団法人格へ進んだのかわからなくなってしまいます。

私は、2007年に入会してから6年目とまだまだ若手のつもりでおりましたが、早くも本年は卒業年度となり、会員の皆様からの選任して頂き(社)所沢青年会議所の監事という大役を仰せつかりました。本年は自分に残された1年間を自身の成長へと繋げるよう有意義に活用しつつ、改めて一人のLOMメンバーとして、多くのことが変化していく中で入会して以来、先輩方にご指導頂いた(社)所沢青年会議所らしさを大切にし、私なりに精一杯努力して参ります。