4月度例会 文化フェア開催のお礼

2013年4月10日 水曜日

 

みなさん、こんにちは。4月6・7日に行われました市民文化フェアに多くのメンバーの皆様にご出席を頂きまして本当にありがとうございます。当日は初日が雨、2日目は晴れたものの強風、このような状況の中、事業にご協力を頂きました皆様に改めて感謝申し上げます。

当日は、アンリ・ファルマン機を模したグライダー体験、世界最大の折紙ヒコーキ、50周年PRブース、埼玉西武ライオンズ・埼玉ブロンコスのPRブース、そして飲食と多くのメンバーの手を、また多くの外部協力者の方々の手を借りてどれも素晴らしい事業だったと思っております。特に、世界最大の折紙ヒコーキは委員長の強い想いで、再チャレンジという事もあり、非常に期待していた事業でした。そんな中、牛沼小学校の生徒の投げた飛行機と青年会議所メンバーが投げた飛行機が滑空したことは、大きな喜びでありました。そしてアンリ・ファルマン機を模したグライダーは委員会が伝えたい事を参加していただいたすべての方にお伝えできたのではないかと思っております。そしてどちらの事業も、多くのマスコミに取り上げていただき、『航空発祥の地 所沢』と『所沢青年会議所』という名前を広めることが出来たのは大きな成果であったと考えております。

最後になりますが、ご担当頂きました、木下委員長をはじめとするまちへの意識創造委員会の皆様、ご指導いただきました井関副理事長、渡辺室長、ご協力いただきましたメンバーの皆様本当にお疲れ様でした。そして事業にご協力いただきました日本折紙ヒコーキ協会戸田会長、グライダーをご指導いただきました西ヶ谷様、埼玉西武ライオンズ・埼玉ブロンコスの方々に厚く御礼を申し上げ文化フェアの御礼とさせていただきます。