「周年」という節目の年に。

2013年6月27日 木曜日

 

今年は空梅雨かと言われておりましたが、梅雨っぽい気候が続きますね。

まちの魅力発信委員会のこやのです。

 

会社でも家族でも恋人でも「節目」というものを、大切にするのが日本人の文化の1つではないでしょうか?青年会議所でも5年、10年という節目には、「周年記念式典・周年事業」というものを行う風習があります。

 

所沢青年会議所も今年は50周年という大きな節目を迎えるに当たり、現在メンバーが総動員にて準備を進めております。9月7日は航空公園・ミューズにて記念事業が行われますので、楽しみにしていてください。

 

先日ですが、私も「こだま青年会議所創立45周年記念式典」に参加してまいりました。

 

 

・45周年~50周年に向けての方針への熱い思い

・自立した地域社会への意識の高さ

・市民・行政・青年会議所の連携

 

1つ1つにはっきりとした意志を感じることができたというのもありますが、何よりも「まちづくり」に対する一体感があり、青年会議所の在り方を改めて感がるきっかけを得ることができました。

所沢青年会議所も、これからの「ところざわ」でのつながりを生み出していくために、日々精進していかなければならないと感じさせられました。