【総務委員会 委員長】 加藤 剛毅

2013年12月29日 日曜日

【所信】次の50年に向けて―伝統の継承と新たな第一歩の両立

昨年、公益社団法人所沢青年会議所は、創立50周年という大きな節目の年を経て、私達は、これからの新たな50年に向けてスタートを切ることになります。すなわち、50周年という大きな節目の年の次の年ということで、私達は、これまで数多くの先輩方の熱意・ご尽力により、(公社)所沢青年会議所が今日まで存在し続けることができたという事実に敬意を表しつつ、現役メンバーとして、次の50年という新たな節目に向けて、さらなる飛躍を目指し、確実な第一歩を踏み出して行かなければなりません。
そうした状況下にあって、総務委員会に課せられた役割は、まず、組織の要となる定期総会や臨時総会の開催やその他の諸事務等、組織の屋台骨あるいは土台として、これまで築き上げられてきた社団法人として遵守すべき根本規則である定款等の諸規則や定款等の諸規則において明文化された規則以外の不文律等の慣習に従いつつも、昨年から公益社団法人に移行したことに伴って生まれた新たなルールをも遵守し、決められたことを決められたとおりに確実に実行することにあります。そして、これまでの長い(公社)所沢青年会議所の歴史の中で築き上げられてきたルールや慣習というものは、それぞれ一つ一つが意味を有するはずです。そのため、常に、それらが持つ意味や趣旨を考え、かつ、それらが生まれた原点に立ち返りつつ、新たなルールにも則って、このような古きものと新しきものとを両立し、車の両輪としながら確実に物事を進めて行かなければならないと考えています。
私は、本年度総務委員会委員長として、これまでの(公社)所沢青年会議所が長年にわたって築き上げてきた伝統の重みをしっかりと受け止めながらも、新たな50年に向けたスタートの年を実りある1年にするべく、必要とされる事務作業を円滑・確実に遂行していくよう努力していくと同時に、井関理事長が掲げる「利他の心」を大切にし、石井専務理事、篠塚常務理事、新藤事務局長、中島議長のもと、大庭拡大担当理事や総務委員会のメンバーとともに、常に、会員に対する思いやりの心を忘れずに、会議の運営等に努めていきたいと考えています。