【専務理事】石井 巌一

2013年12月29日 日曜日

【所信】 新しい一年目に向けて

 

青年会議所には、『奉仕』『修練』『友情』という三信条があります。また、綱領には『志を同じうする者』が一致団結して『英知と勇気と情熱』を持ってまちづくりをしようと謳っています。そして、これまで公益社団法人所沢青年会議所は、まちづくりや、青少年健全育成、ひとづくりにと、活動・運動を行ってきました。しかし我々の行っている活動・運動は、ただのまちづくりではなく、他人を思いやり、自らを律し、皆と協力して、信念を持って行うべきものであり、それこそが、他団体と異なる、我々青年会議所という組織が存在する意義だと考えます。

本年、井関理事長は活動指針として『利他の心』を掲げています。自分第一でなく、他人のためにこそ行動する、という心を我々(公社)所沢青年会議所のすべてのメンバーが持って事業に取り組み、まちのため、子ども達のため、なによりこのまちに関わるすべての人々のために行動すれば、このまちは必ず『明るい豊かなまち』となるはずです。

昨年、(公社)所沢青年会議所は50周年を迎えました。これまでの50年の間、諸先輩方はまちづくりに、青少年健全育成に、ひとづくりにと活動・運動を続けてこられました。そしてここに今、新たなる1年が始まります。これまでの諸先輩方や、協力して頂いた諸団体の『想』を受け継ぎ、発展させ、このまちをよりよくしていくべく、私は専務理事の役職を、井関理事長のもと、利他の心を持って誠心誠意努めさせていただきます。