【まちづくり室 室長】佐藤 真

2013年12月29日 日曜日

【所信】 「住みよいまち」から「住みたいまち」へ

 

1950年に市制を施行し人口42000人で始まった私たちのまち所沢。現在では都心に程近く、生活・育児環境が整っている等、利便性が高いという好条件から、人口は34万人を超え、県内でも有数の特例市として成長しました。

 しかし、多くの市民が好条件を求め住んでいるため、我がまち「ところざわ」の誇れる魅力の数々に気づいてはいても、中々関心が持てていないように感じられます。また、まちについても住むまちとしての認識はあっても、「我がまちところざわ」といった自分たちのまちだ!という認識は希薄になってきていると感じます。

 こうした状況を変化させ、単に便利なまちから「住みたいまち」にするため、「航空発祥の地」、「武蔵野の豊かな自然」、「所沢固有の食」等、まちの魅力=ところざわの「たから」を更に磨き上げると共に、公益社団法人所沢青年会議所として、また所沢市民の一人としてまちを見つめなおすことで、多くの人が気付いていない新しいところざわの「たから」の発見し、市内外に広く伝播することで、活気と賑わいで溢れたまち「ところざわ」を目指します。また、この想いを多くの人々と共有し、行政をはじめとする関係諸団体と連携・協力し活動・運動を行います。

 2014年度、私は室長として渡辺副理事長のもと、上野委員長、井花委員長と共に団結し、我がまち「ところざわ」の為に尽くすことを楽しみ、喜びとすることで本年度の活動・運動の原動力にし、利他の心をもって邁進してまいります。