【会員開発室 室長】北田 雅也

2013年12月29日 日曜日

【所信】相手を思いやる心を持って

 

昨年度、公益社団法人所沢青年会議所は創立50周年という大きな節目の年を迎えました。本年度は、50年という歴史を築き上げてこられた先輩諸兄の皆様をはじめ、創立50周年に携われたすべての方々に感謝し、その感謝の気持ちを持って行動して参ります。また、50年という歴史の中で培われた多くの経験と我がまち「ところざわ」への変わらぬ想いを引継ぎ策定された「中期ビジョン」を実践に移すべく重要な一年となります。所沢青年会議所メンバー一人ひとりがこのまちを良くしたいという熱い「想」を共有し、利他の心を持って行動してゆかなければなりません。

しかしながら、最近LOM内でも仕事や家庭等忙しさを理由に、「自分がやらなくても誰かがやればいい」とか「やっても自分にメリットが無いから」という声を耳にすることがあります。本来日本人が持つ相手を思いやり行動する心、互いに助け合い行動する心を忘れかけているように感じます。ただの仲間づくり団体であるなら存続する意味がありませんし、何の為の団体なのかメンバー一人ひとりが理解し、一つの想いを具現化していく為に共に切磋琢磨することで、真の仲間ができるでしょうし、自分も成長できるのだと感じます。それは仕事に照らし合わせても同様です。自分本位の考え方ではお客様は満足しないはずです。相手の立場に立って何を求めているのか考えることで、利害関係だけではなく信頼関係が生まれ、人と人とが繋がっていくことで輪が広がり、自社にもメリットが生まれ成長・発展してゆくのです。

2014年度会員開発室では、相手の立場に立った「研修」「交流」を行うことで、メンバーの資質向上に繋がるよう事業展開して参ります。そして井関理事長のこのまちを良くしたという熱き「想」を具現化するべく、武藤副理事長のもと栗田委員長、鶴田委員長と共に、率先して行動することを宣言します。