【青少年室 室長】荒幡 和隆

2013年12月29日 日曜日

【所信】 ところざわの未来のために

 

近年、私たちが子どもの頃には聞いたことも無いような少年犯罪、未成年が犠牲になる事件等が起こっています。現在、時代の急速な流れの中で色々なものが多く生み出され、日常生活を送るには大変便利で快適になってきました。しかし、子ども達にとっては身近な人よりも顔も知らないネットの世界の中で本音をうちあけるなど、ネットの世界が現実の世界に重なってしまう状況などが見受けられ、周りの人とのふれあいを通しての他者への理解や思いやり、その中での自己表現などが上手く出来なくなっていると思います。

大人も子どもも大切なことは、心を豊かに育むことだと考えます。家族のこと友達のこと地域のこと、色々なことを想像する力を育てることは、当たり前のことに感謝したり人に対して思いやりの気持ちを持つことに繋がっていきます。

 

『子どもは地域の未来の象徴です』

 

青少年に対する事業とは未来への人づくりと考えます。私は、このところざわで生まれ育っていく子ども達に対して知識や学問だけでなく、心に残るような体験や色々な人々との出会いを作り、子ども達の持つ豊かな感受性を引き出します。そして、日本人が本来持っている他人を思いやる気持ちや寛容さという道徳観を持ち「利他の心」を育んだ時、ところざわの未来は思いやり溢れるものに変貌していくことでしょう。また、親や地域の大人も、子ども達を育むために、子どもたちに対し、どのように接していかなくてはならないかを改めて学ばなくてはなりません。

その為に2014年度、私は三浦副理事長の下、青少年室室長として小谷野委員長、上野委員長としっかりとした信頼関係を構築し、自分自身も利他の精神を見つめ直し、ところざわの未来の象徴の子ども達の為により良い事業を行ってまいります。