【JC運動発信委員会 委員長】井花 佳彦

2013年12月29日 日曜日

【所信】 情熱的な発信塔として

 

 現在、ところざわは、人口34万人を超え埼玉県でも3番目に人口が多い、県南西部の中核都市となり交通面の利便性が高く、住環境も充実していることに加え、多くの文化や魅力に溢れた「近代と古き良い歴史の融合したまち」として発展してきました。

 では、ところざわという「まち」について市内外の方々に聞いてみても、あまり多くを答える事ができないのではないでしょうか。私自身も青年会議所に入会する迄、ところざわの文化や魅力を知る機会が少なかったように思います。しかし、このまちはとても多くの魅力と可能性を持っているのです。

  私はJC運動発信委員会委員長として、公益社団法人所沢青年会議所の活動・運動を通じて発信されているところざわの「たから」を、インターネットを活用しマスメディアとの連携を図り、市内外を問わず多くの方々へ情報発信していくことが重要だと考えます。

2014年度も引き続き、情報を物理的な距離を越えて伝えることができるインターネットを活用し、より分かりやすく、より多くの方々に興味を持っていただけるホームページを作成することで、(公社)所沢青年会議所の情報発信塔として、我々の活動・運動の情報を伝え、想いを伝播していきます。また、委員会メンバーとアイデアを出し合いながら創意工夫を凝らし、運営・管理・更新を行うことで(公社)所沢青年会議所の「顔」を作ります。

最後に2014年度は井関理事長の掲げる「利他の心」を胸に、私はJC運動発信委員会委員長として、渡辺副理事長、佐藤室長のもと、上野委員長と協力し(公社)所沢青年会議所活動・運動の情報発信塔となり、多くの方々にところざわへの関心を高めていただくための一翼を担えるよう、情熱をもって活動・運動に取り組んでまいります。