【監事】 渡辺 明仁

2014年12月30日 火曜日

【所信】担いと立場

【監事】 渡辺 明仁

 

2015年度は、私が公益社団法人所沢青年会議所に入会して9年目の年、そして卒業年度となります。そして本年度は、皆様にご選出いただき監事という役職を担う事となりました。それに際し、今までの青年会議所活動を振り返ってみると、入会当初は青年会議所活動の意味や意義さえ解らなかった事を思い出します。その中で出会った多くの仲間や刺激となる事業、そして尊敬できる人の存在が今の私に大きく影響していることに気が付きます。この、普通に生活している中では得られないであろう全ての経験こそが、青年会議所で得た私の財産であると思います。本年度は今まで得た経験と感謝を基に「監事とは」「卒業生とは」という2つの担いと立場を柱に据え活動します。監事として財務の監査は勿論、事業の方向性や手法が我々の活動として相応しいものであるかどうかを客観的に見ることで、(公社)所沢青年会議所の未来に寄与したいと思います。そして卒業生として、入会以来私が活動・運動の中で学んだ多くの事や「想」をメンバーの皆様に伝えていきたいと思います。

最後に、一年間担いと立場を全うすると共に、私自身もLOMメンバーとしてひとつでも多くの学びと刺激を受け、自らの成長に勤めて活動していきます。1年間宜しくお願いいたします。