新入会員研修

2015年12月28日 月曜日

 

皆様、こんにちは

青年会議所は、常に新しい人材を求めており、入会後青年会議所活動・運動を知ってもらうために新入会員研修を行っております。今年は、新たな試みとして入会前の一般の方にも青年会議所を知ってもらうために、一般の方にも参加して頂く形で行いました。

年13回を行い、その度に様々な研修を行い、最後にはマナー研修を行いました。お酒の席や、立ち振る舞いなど、今更聞けないけども知っておきたい事であります。講師として田中由晃歴代理事長に御協力を頂きながら、お酒の次ぎ方や畳の縁を踏まない理由など、参加したメンバーも意見を出しながら、楽しく行う事が出来ました。御協力を頂きました田中先輩、本当にありがとうございました。

さて、今年の新入会員研修で一番の事業は、市民フェスティバルで所沢をアピールする事業でありました。参加者で二つのグループを作り、テーマとして「トトロの世界観のあるまち ところざわ」と題し、一つのグループは、「世界初、食べられる真っ黒くろすけ」と称し、もちでくろすけを表現した物を売り、二つ目のグループは、「自然との共生から得られるものの大切さ」を知って頂くべく、メイとトトロの知り合うきっかけとなったどんぐりに着目してどんぐりの粉で作ったクッキー、そしてデトックスウォーターなどを販売いたしました。それぞれのブースでは、トトロや自然の雰囲気を少しでも感じてもらうべく、音楽をかけたり、緑の装飾をあしらってみたりと工夫もあり、楽しく出来たのではないかなと思います。普段の仕事や生活でブース出展について真面目に考えたりする事はあまりないと思います。でも、そんなきっかけが仕事の考え方に活かされたり、自分自身を成長させる事が出来るのが、青年会議所です。どちらのグループも赤字になる事もなく、何より笑顔で終わる事が出来たのが一番良かったと思います。

グループのリーダーとなった、菊池幸一君、そして一般参加からリーダーとなった小野恵さん、初めての体験ばかりで、悩み、自身を見つめ直す事などいっぱいあったと思います。ぜひ、その糧をまた自身の仕事場や生活に活かして頂ければと思います。本当にありがとうございました。

最後に、一年間、担当として、そして総合講師として活動していただきました安久参与。毎月毎月の事業を考える事も大変だったと思います。本当に一年間ありがとうございました。そして、参加して頂きました皆様、本当にありがとうございました。