日本一長いけやき並木



■長さ約17㎞のケヤキ並木
 
所沢航空記念公園の南側を通る国道463号線(通称浦所バイパス)の浦和-所沢間の19.7kmのうち17kmにわたり、その数2,417本が植栽されている日本一長いケヤキ並木です。「新・日本街路樹100景」にも選ばれています。
 
昭和39年に市道として開通したこの道が浦和まで全線開通したのは昭和50年のことです。それと前後して、沿道には武蔵野を代表する木であるけやきが植えられました。秋には葉が紅葉して綺麗になります。
■埼玉県の木「ケヤキ」
 
埼玉県の木がケヤキです。日本一のケヤキ並木は有名ですが、所沢には他にも、米軍通信基地沿い、所沢市役所周辺、新所沢駅西口など、私たちの身近なところにもケヤキがたくさん植えられています。
■新所沢西口のケヤキ並木
 
西口駅前から行政道路(緑町3丁目交差点)まで約900m続いています。