中氷川神社(山口)


 

中氷川神社(山口)は、崇神天皇御代の創建と伝えられており、入間・多摩二郡にまたがる92ヶ村の総鎮守として山口城の城主の崇敬も厚く、地元では古くから「氷川様」と親しまれてきました。

 

須佐之男命、奇稲田姫命、大己貴命の3神が祀られており、山口貯水池の湖底に沈んだ旧勝楽寺村の七社神社が合祀されています。

 

さいたま市お宮区にある大宮氷川神社と東京都西多摩郡奥多摩町の奥氷川神社の中間にあることから中氷川神社となったとの説があります。

年始には初詣スポットとして多くの方が訪れます。

中氷川神社 ホームページ