【所信】恩返し

2010年12月30日 木曜日

              【直前理事長・未来会議議長】 二上 昌弘

 2011年度、卒業年度を迎えた今、私は直前理事長という役職を与えられました。
 直前理事長という私の役目は勇気ある決断と確固たる決意を秘めた平岩理事長を支えることにありますが、同時に自分自身のJCライフの纏めとして、最後の一年間を、日本中の誰もが住みたいと思う「ところざわブランド」の創造と、多くの方々から認められる「ステータス」のあるJAYCEEの育成並びにその人財(人という財産)の集まりである社団法人所沢青年会議所という強い組織の構築を目指して活動・運動をしてまいります。
 私は、1998年に(社)所沢青年会議所に入会して以来、実に多くの先輩や仲間との出会いの機会に恵まれました。活動・運動を通じて青年会議所の奥深さを経験し、様々な勉強をさせて頂きました。長いようで短かった13年という年月は、私に対し時には試練を、時には勇気を、そして時には仲間の熱い友情と温かさを与えてくれ、(社)所沢青年会議所のすばらしさを教えてくれました。
 私は卒業年度を迎え、自分を成長させてくれた(社)所沢青年会議所に対し、何が出来るのか、どのような形で恩返しが出来るのかを真剣に考えています。私にとって恩返しとは自分自身が得たもの以上のものを返すことを意味します。私自身が培ってきたもの全てを使って、(社)所沢青年会議所のすばらしさを一人でも多くのメンバーに伝えるために、一所懸命行動し、今後も続く青年会議所の歴史を創って行きたいと思います。