【所信】いまだからこそ

2010年12月30日 木曜日

【副理事長】 肥沼 直明

 私たちは、社会人として又、青年経済人として最も大切と言われるこの時期に、仕事の時間を割き、家族との団欒の時間を削り、なぜ青年会議所に身を置くのでしょうか?
 「明るい豊かな社会の実現」「ところざわのまちをもっと良くしたい」もちろんその様な思いのもと活動しておりますが、恐らくそれだけではないはずです。
 長引く経済不況のせいか、「JCをやっている場合ではない。」とか「まちづくりより、自分の会社経営が優先だ。」という声をよく耳にするように思います。私たちメンバーのほとんどが、中小企業経営者もしくはその次期経営者であり不況の波はメンバー自身に降りかかっております。しかしながら青年会議所活動の意味を見つめなおしてみると、青年会議所活動はその活動自体が研修の場であり、各々が「負担だ」と考えるか、もしくは将来的にも「自分のためになる自身への投資」と考えるかによって、得られる物はまったく変わってきます。青年会議所は、社会人として、青年経済人として成長できる場所を与えてくれているのです。
 そして、私が入会させて頂いた年は、社団法人所沢青年会議所の主管で埼玉ブロック会員大会が開催された翌年で、大きな目標を達成された充実感が色濃く漂うすばらしい年でした。先輩方には自分の名前を覚えて頂いているにも関わらず、自分は先輩の名前を覚えていないという心苦しい思いをする事がよくありました。また事業や会議などを通して、共に汗をかき、共に感動を分かち合い、時には熱い議論を交わしました。このような、切磋琢磨する環境が、強固な人間関係の構築には必要なのです。入会した時は「知らない人」でも、卒業するときには「こいつの為なら・・・」と感じることのできる仲間との出会い。これも青年会議所に入会して得られる大きな醍醐味であると確信しております。
 私は、2011年度社団法人所沢青年会議所の副理事長として、平岩理事長のもと、こんな時代だからこそ(社)所沢青年会議所での活動が、自分自身は元よりメンバー一人ひとりに取って価値ある時間となり、本物の仲間と出会える場所となるよう、一年間全力で取り組んでまいります。