新しい公共と市民の責任

2011年3月10日 木曜日

火曜日に(社)埼玉中央青年会議所の公式訪問例会に参加させていただきました。

例会主題では「わがまちの未来を創るのはあなた ~新しい公共を考える~」のテーマのもと、首都大学東京大学院教授の大杉覚先生からご講演をいただきました。

現代社会では個人の価値観が多様化し、また財政面等の問題からも、もはや行政だけでは十分に住民ニーズに対応しきれない現状があり、今後は行政と各市民団体や地元企業などが協働でまちを創る「新しい公共」にシフトする時代であることをご説明いただきました。

但し、忘れてはいけないのが、新しい公共が進めば進むほど、市民自身の責任も重くなると言うことです。

これからは、まさに我々青年会議所のような団体が地域において益々必要とされる時代が来るんだなぁ~と言うことを実感いたしました。

大木理事長を始めとする埼玉中央JCの皆様、貴重なお話を聴く機会をいただきまして本当に有難うございました!