大変参考になりました

2011年2月7日 月曜日

先週は、木曜日と土曜日に講演会に参加する機会をいただきました。

木曜日は所沢商店街連合会と所沢商工会議所が主催の新春講演会に行ってまいりました。立教大学経済学部教授の山口義行先生を講師にお招きして、中小企業の今後の在り方等についてのお話をいただきました。

ポイントとして、時代を読み切ること(中小企業こそ目先のことばかりでなくマクロ的な視点からも今後を見通すこと)と、繋がりを創ること(既存の物事を組み合わせて付加価値を生み出すこと)の2点が特に重要であることが良く理解できました。

また、土曜日は青年会議所(埼玉ブロック協議会)のフォーラムにおいて、日本一の朝礼でTVなどでもお馴染みの「居酒屋てっぺん」の創業者である大嶋啓介氏(ちなみに氏もJCメンバーです!)からお話をいただきました。

悪い思い込みから脱却して良い思い込みに転換することで誰でも人生を変えられることや、やる気のある人を集めるのではなく、やる気の無い人をやる気にさせることが組織活性化の原動力であることなど、ご自身の経験や実際の事例も交えながら説明されておりました。私もかなりモチベーションを高めることができました。

両日とも大変参考になる機会でした!!
感謝、感謝です。