郷土かるた 所沢大会

2012年1月30日 月曜日

皆様こんばんわ。先日の土曜日、所沢市民武道館で「彩の国21世紀郷土かるた」所沢大会が開催され、ご招待をいただきましたので、行ってまいりました。当日は、市内の各小学校から400名近い小学生が一堂に集い、熱戦が繰り広げられました。かるたですから、当然のことなのかもしれませんが、開会式から皆さん正座をされており、30分ほど行われた開会式の終盤には、さすがに辛そうな顔をされている選手もいましたが、でも選手の皆さん本当にきちんとされていて、私の目には選手の皆さんがとても凛々しく映りました。競技は、静かな中にも熱い戦いが展開され、「ハイ」の掛声と同時に素早く札をとる手さばきは、見ていてとても快いものでした。私は子どものころにやった以来、何年もかるたをやっていませんが、記憶力や集中力の鍛錬にもなりそうですし、あらためてかるたに触れてみて、私の子ども達にも薦めてみようと思いました。確か、ところざわにも市内の様々なことを綴ったかるたがあったと思いますが、今回のかるたは「彩の国21世紀かるた」ということで、埼玉県内の様々な事柄がうたわれたかるたであり、この所沢大会で4位以上の成績をおさめた高学年チームは、3月に開催される県大会に出場されることが予定されているそうです。かるたの内容も、どれも印象に残るものばかりでしたが、その中で、ところざわの緑を綴ったかるたではと、特に印象に残ったかるたを一節ご紹介を致しまして、本日のブログを閉じさせていただきます。

森の中  トトロをさがす  大冒険

本日もブログを読んでいただきましてありがとうございました!