【まちへの愛着心創造室 室長】 渡辺 明仁

2012年12月30日 日曜日

【所信】繋がり ~ まちへの愛着心へ

 

私たちのまち所沢は都心に程近いという交通利便性と武蔵野台地の豊かな自然という好条件から、戦後多くの人たちが移り住んできました。その為にそれ以外の部分に目が行かずに生活している人が多く、まちへの愛着心が薄いというのが現状です。

このまちには、航空発祥の地という歴史的背景、狭山茶、うどん等をはじめとする食文化や、埼玉西武ライオンズと埼玉ブロンコスという2つのプロスポーツチームの本拠地があるスポーツ都市あることなど、様々な魅力となるものが有ります。

このまちの魅力を市民の方々に広く認識して頂く為には、このまちの魅力を身近に感じる機会を創り出す事や情報を発信し、それを皆で共有できる様にする必要があります。私たち公益社団法人所沢青年会議所は地元のまちづくり団体として、その力を最大限に発揮する為に、行政や他団体、地元企業や様々な方々との繋がりを深め協力しながら活動・運動を展開していく事が必要だと考えます。その結果として、それに関わる全ての方々の中に「まちへの愛着心」が芽生え醸成されていくものだと思います。まちへの愛着心創造室は多くの市民の方々に「まちへの愛着心」が芽生えることを目指します。

また、2013年度は創立50周年を迎える節目の年です。公益社団法人所沢青年会議所の礎を築いてこられたOB会会員の方々や市民の方々にも我々の活動やところざわの魅力を発信していく事でさらなる繋がりを築き上げていきたいと思います。

そして、これからの50年に向けて最重要課題の1つである会員の拡大に於いて我々の活動・運動に共感し、まちへの愛着心を抱いて頂くことが成果に繋がることと信じて真摯に取り組んで参ります。

最後に本年度は、まちへの愛着心創造室室長として、井関副理事長、木下委員長、小谷野委員長と共に、市民の皆様の胸にまちへの愛着心が芽生え醸成されていくような活動・運動を目指し邁進して参ります。