全国一斉!国民による未来創造プロジェクト

2014年5月3日 土曜日

皆さんこんにちは続けての投稿となります。

昨日は八潮市にあります八潮メセナにおいて未来創造プロジェクトが開催されました。全国一斉の名の通り全国47都道府県に

おいて各ブロックで一斉に開催をされました。その結果が本日の朝刊に掲載をされておりますので、ご覧になった方も

いらっしゃるかと思います。

埼玉ブロックでは平成国際大学大学院教授 高乗 正臣 氏をコーディネーターとしてお招きし、3名の現役大学生の皆さん、

そして穂坂会長をパネリストとしてパネルディスカッションが行われました。

日本青年会議所でも日本JC憲法草案を作成しております。まだご覧になっていない方はこの機会に是非ご一読ください。

www.jaycee.or.jp/2012/kenpo.html

高乗教授からもディスカッションの中で触れられましたが、

現状の日本国憲法の前文はとても読みづらく、長い悪文だと仰られておりました、それに対して日本JCの草案は極めて日本

らしい要素が盛り込まれていることに評価を頂きました。

また、3名の学生さんと穂坂会長からそれぞれの視点で現状の憲法の問題点、解釈について熱い議論が交わされました。

先日の大阪市長選の投票率が24%に満たなかったことに表される通り、国民の政治への無関心が浮き彫りになっております。

国と我々国民の間に大きな溝というか別世界のことというような認識があるのだと思います。そうではなく、我々国民が誇りと

夢を持てるような憲法にすべく、我が事として考えてゆく必要性を強く感じました。