わんぱく相撲全国大会に行ってきました

2015年8月4日 火曜日

 

皆様 こんにちは

 

本当に暑い日が続いておりますね。皆様体調はいかがでしょうか?

テレビのニュースやネットでも熱中症で倒れたという話が流れております。

ぜひ、こまめな水分・塩分補給、木陰で休息をとるなどして、お体をご自愛ください。

 

今年は地方選挙の年と呼ばれておりますが、埼玉県知事選もスタートしております。

投票は8月9日(日)となっております。

皆様ぜひ、各候補者の政策等に耳を傾けて頂きたいと思います。

私達が住むこのまちは、この埼玉県はどんなまちになってもらいたいのか?今一番必要な政策とは何か?

県知事として誰が一番良いと思うのか判断して頂き、投票して頂きたいと思います。

 

さて、相撲大会のブログの時にもお話させて頂きましたが、8月2日(日)両国国技館にてわんぱく相撲大会 全国大会が行われました。

残念ながら4年生の子は参加する事が出来ませんでしたが、6年生の中島君、5年生の鈴木君が元気に出場いたしました。

青少年事業はご家庭の理解もあって出来る事でもあると思います。改めてこの場をお借りし、中島君、鈴木君のご両親にも感謝申し上げます。

 

朝の開会式も終わり、たまたま隣の席であった宮崎県の柳田理事長を初めとする延岡青年会議所のみなさんと席をお貸しした御縁で一緒に応援したりしておりましたが、中島君、鈴木君は残念ながら1回戦で負けてしまいました。

涙を流す二人でしたが、勝負事には勝ち負けがあります。

悔しさや、何やってるんだという自分を責める思いなどあったと思います。

でも、勝ち続ける人はたった一人しかおらず、多くの人は負けを知ります。

これまで、二人は所沢では勝ち続けてきました。

しかし、勝つ事よりも負ける事で得られる事がいっぱいあります。

これまで一所懸命に頑張って来たからこそ、多くの事を学んだ事と思います。

彼らは、これからも成長をする人達です。

ぜひ、前を向き、この悔しい気持ちを忘れず、これからいろんな事に挑戦して行って頂きたいと思います。

中島君、鈴木君本当にありがとう。

 

上野委員長を初めとしたわんぱく相撲実行委員会の皆様、実行委員会から数えると長い道のりの事業であったと思います。子ども達に多くの経験をさせてあげる事が出来、良い思い出となったと思います。本当にありがとうございました。大庭副理事長、上野室長にはご指導を頂き、誠にありがとうございました。

 

さぁ、今度の8月8日日曜日は、同じく青少年事業である「2015体験塾 キッズ フェスタ」が中央公民館前で行われます。

こちらの事業でも、子ども達にとって良い経験となる場にしてまいりましょう!