【ひとづくり室 室長】齋藤寛

【所信】時代は変われどひとの繋がりは変わらない

【ひとづくり室 室長】齋藤 寛

 

 時代が目まぐるしい変化を遂げている近年、広い視野と柔軟な発想を持ち学び続け、常に情報にアンテナを張り、その得た情報をもとに行動、実行へ移す。試行錯誤を繰り返しながらも最後には結果を出す。現代の世の中ではこのような人材が必要とされているのではないのでしょうか。

 青年会議所は自己成長を求める団体でもあります。私達は世の中から必要とされるべく、自分達で考え、学んでいくことが必要だと考えます。失敗を恐れず挑戦し続けることで結果を出し、そこで新たな価値を創出していきます。そのために様々な業種の仕事で活躍をしている多くのメンバーで活動しているからこそ、そこで学んだことは一人ひとりのメンバーにとって、新たな価値観の創出に繋がるはずです。そして、学んだことをまちづくりに活かし、ところざわの発展に繋げていきましょう。その為にも、メンバー同士力を合わせていくことが大事だと考えます。一人で出来ることは限られていても、多くのメンバーで力を合わせて行えば、大きな事業が展開できます。職種、価値観が違ったメンバーの集まっている青年会議所だからこそ、みんなで交流を深め、熱い友情を育み、目的の実現を図っていきます。

 私達が日々活動を出来ているのも、理解してくれている家族や会社があるからこそです。その家族や会社への感謝を忘れず、更にはこれまで歴史をつくってきてくださった、先輩諸氏、日頃からご理解いただいている地域の皆様への感謝の気持ちを持ち続け、全力で活動していきます。

 私は、ひとづくり室の室長として、小谷野理事長の想いを胸に、山川副理事長のもと、白根委員長、阿部委員長と共に、周囲への感謝の気持ちを常に持ち続け、メンバーの魅力を最大限引き出せるよう、一生に渡る熱い友情が育めるよう、一年間取り組んで参ります。