京都会議

1月16日(木)~1月19日(日)の4日間、京都の地において「京都会議 ~アップデート~」が開催され、所沢青年会議所からも多くのメンバーが参加しました。

1月18日(土)の夜は、兄弟JCである公益社団法人武生青年会議所との合同懇親会が行われました。本年度、兄弟JC締結35周年となり、長きに渡ってお互い切磋琢磨してきました。毎年、年始に行われる京都会議では、武生青年会議所の設営のもと、懇親を深めております。
その会の冒頭、両青年会議所による地域防災協定の締結が行われました。

また、武生青年会議所との35周年記念事業のPRが行われました。
5年に1度行われる記念事業において、30周年時は所沢で野球大会を行うなど、お互いの地域性を感じられる事業を行っています。本年度は10月に武生の地にて記念事業を行います。

合同懇親会では、この貴重な時間を最大限に活用し、武生青年会議所メンバーとの懇親を大いに深めることができました。

武生青年会議所との懇親会後、LOMナイトが行われました。
所沢青年会議所から日本青年会議所に出向しているメンバーを激励することで、メンバー同士の懇親が深められ、京都の地において所沢青年会議所の結束力がより強固なものになったと感じました。

月19日(日)は京都国際会館において新年式典がおこなわれ、公益社団法人日本青年会議所2020年度 第69代会頭 石田全史君の所信を拝聴し、「真実一路 軌跡を紡ぎ、奇跡を起こそう!」のスローガンのもと、先入観にとらわれない、新たなものの見方を学ぶことで、「すべての人びとが、笑顔と生きがいを持てる国 日本の創造」に向けた起点となる、という力強い想いを京都の地で体感しました。

担当の白根委員長をはじめとする行動力向上委員会の皆様、大変お疲れ様でした。