全国一斉花火プロジェクト

【活動報告】全国一斉花火プロジェクト はじまりの花火in所沢

新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが中止となり、その中で東京オリンピック2020も来年に延期となりました。
公益社団法人日本青年会議所の企画のもと、各地の青年会議所と共に、日本中が前向きになれるようにと、本来であればオリンピックの幕開けとなるはずだった7月24日に開会式に代わる「はじまりの合図を全国に鳴らそう」をテーマに全国47都道府県117か所で20時に一斉に花火がち上げました。

埼玉県では2か所、今年の6月に第50回埼玉ブロック大会の開催を予定していた所沢市と(新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から中止)来年、大会の開催を予定している深谷市が花火の打ち上げ場所に選定されました。
住民の方々のご協力のもと、中富の農地を使用させていただき、2号玉35発・3号玉10発・4号玉5発の合計50発が打ち上げられました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から3密を防ぐため打ち上げ場所などの詳細は非公表とさせていただきましたが、(公社)所沢青年会議所の公式SNSのInstagramのLive機能を利用し多くの市民の方に花火を見ていただく事ができました。
東京オリンピック2020の延期の決定から直ぐに、全国各地の青年会議所のメンバーが動き多くの方のご協力により開催する事ができました。
全国各地の花火の打ち上げはニュースや新聞でも取り上げられ、皆さんが前向きな気持ちになるきっかけを作ることができたと思います。

ご担当いただきました、委員長連携会議議長 田中 裕治君をはじめとする委員長連携会議のみなさまありがとうございます。