答えなき道の先へ

答えなき道の先へ

 10月末から対面での事業を再開し、何とか12月末を迎えることができました。今年度は3月から事業計画の変更を余儀なくされ、今までの事業を踏襲する形での事業構築ではなく、現在の時代に合った、そのタイミングでできる事業を行うこととなりました。大変なこともありましたが、特にこの11月・12月を対面にて実行することができたのは、メンバーの皆様をはじめ、ご家族の方や職場の方々のご理解とご協力があってこそです。本当にありがとうございました。

 新型コロナウイルスによって、世の中が大きく変わりました。本来、時流に沿って変わっていくものが、極端な変化をせざるを得ない状況を作り出したのです。そのような状況下では、誰も正解を持っていません。私達は、正解の出ない問題に向き合い、議論を交わし、1つの事業毎に解を出してきました。きっと誰かがやり始めなければならないことを、自分の目で見て、耳で聞いて、行動を起こしたり、動かないことを選択したりを繰り返し、やってきました。良かったのか、ダメだったのか、1つ1つの行動に対し、検証をし、次につなげるようできる限りを尽くしたと思います。

この積み重ねはきっと、今後の私達の活動・運動に活きてくるものです。今まで私達が積み上げてきたものがあるから、このコロナ禍でもできることを見つけることで前を向けたのだと思います。これから先も、きっとたくさんの困難や壁があると思います。そのような状況下でも、メンバー全員の英知と勇気と情熱をもって、明るい豊かな社会の実現に向けて、歩んでいきましょう。

 今年1年、本当に大変でした。ですが1年間、JCI所沢の理事長としていられたのは、メンバーの皆様に支えられ、自分自身が「諦めない」と決めることができたから。最後までやり抜くことができました。

 

ありがとうございました。

 

 

第57代理事長 小谷野 貴臣