第二回拡大事業

 

11月27日に生涯学習推進センターにて「拡大成功年のしくじり委員長」をテーマに拡大事業を行いました。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から通常開催とWEB参加も可能とするハイブリッド開催となりました。

 

本年は新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、事業・例会が相次いで中止となってしまいましたが、そのような中でも多くの入会者を迎えることができました。今後、同じような状況下でも、意欲的に会員拡大に取り組めるようにメンバーで情報を共有しました。

会員拡大委員会 委員長 坂本裕樹 君より、はじめは他人任せになっていたが、メンバーに積極的に呼びかけた結果、周囲が応えてくれて、その運動の成果が連鎖してさらに大きな成果となったこと。どんなときも率先して行動することが重要であること等、説明がありました。

続いて新入会員のメンバーの皆様に、このような状況下でも入会を決意してくれた理由や今後の活動・運動に対する熱い想いを発表していただきました。

新型コロナウイルスの影響により会員拡大に関して諦めていた雰囲気の時もありましたが、先入観にとらわれていただけという気づきを得ることができました。

年間を通して会員拡大に積極的に取り組み、貢献していただいた委員会に理事長から褒賞が送られました。

 

今年度の会員拡大を通じて得られたことを再認識し、今後の会員拡大に活かすことのできる事業となりました。

 

本事業をご担当いただきました、委員長 坂本 裕樹君をはじめとする会員拡大委員会の皆様ありがとうございました